【相続豆知識】相続人になる人は(第三順位)

第三順位の相続人となる人は
 
第一順位、第二順位の相続人がいないとき
つまり、子(孫、曾孫)もおらず、両親(祖父母)も亡くなっている場合には、
兄弟姉妹が第三順位の相続人となります。
 
兄弟姉妹の中には、父母を同じくする場合と父母の一方だけを同じくする場合がありますが、どちらの場合も相続人となります。
 
兄弟、姉妹のうち既に死亡している人についてはその人の子が代襲相続人となります。
 
子がいない年配の方が被相続人となる場合は第三順位となるケースが多くあります。
第三順位の場合は相続人が多くなる場合が多いため、手続きも複雑になることがあります。
 
弊社にご相談いただく方も、この第三順位の方も多くいらっしゃいます。
 
 
【相続豆知識】相続人になる人は(第一順位)
【相続豆知識】相続人になる人は(第二順位)