サイドメニュー

事務所の地図
エンディングノート
遺言のススメ
絶対に失敗しない相続の手続き
身内が亡くなったときの届け出と相続手続き
お問い合わせ
全国ネットワーク

【相続豆知識】遺言書を書く理由

遺言書を書かれた方の作成理由でよく聞くものをいくつかご紹介します。
以下の作成理由が多く当てはまる方は公正証書遺言書の作成を検討してみてください。
 
・2回以上結婚している
・子供がいない
・配偶者と死別している
・妻に全財産を相続させたい
・妻の生活安定のために多くの財産を相続させたい
・家業、個人事業を行っている
・特にお世話になった家族、かわいい孫、気がかりな子など、特定の人に送りたい
・相続人が2人以上いる
・自宅や賃貸アパート等の不動産を持っている
・親と同居している子と、別居している子がいる
・相続人の仲が良くない
・子によって、経済状況に差がある
 
 
上記の理由を見ると、「えっ!?そんな理由で?」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、争族になる可能性はほとんどのご家庭・ご家族にあるということです。
 
逆に、遺言を書かなくてももめる心配のないご家庭は、子供が1人の人。または資産をすべて現金で持っていて、法定相続分で分けることを希望している人です。
 
お子さんがいない夫婦で、相続人は遺された配偶者と親、または兄弟という場合は遺産分割協議がまとまらないことが多くなります。
 
しかも、現金や預金が少なく家や土地が多いと、最悪の場合、家や土地を現金化して遺産分割をすることもあります。
 
このようにお子さんがいないご夫婦の場合はご夫婦でそれぞれ、公正証書遺言書を作ることを強くお勧めします。



お問い合わせ

無料相談受付中 メールでのお問い合わせはこちら