サイドメニュー

事務所の地図
エンディングノート
遺言のススメ
絶対に失敗しない相続の手続き
身内が亡くなったときの届け出と相続手続き
お問い合わせ
全国ネットワーク

【相続豆知識】建物滅失登記の手続き

登記簿上では、建物があるにも関わらず、実際には建物がない場合があります。あるいは、建物を壊したけれども登記の手続きをまだしていない場合です。
 
こういった場合には建物滅失登記をする必要があります。
 
調べ方としては、法務局で土地の登記簿謄本を請求する時に、「この土地の上にある建物をすべて交付してください」と言っていただくと、滅失登記されていない建物の登記簿謄本が出てきます。(出てこない場合は滅失登記がされているということです。)
 
建物を建て替えた時などに、古い建物の滅失登記をせず、そのままにしていた場合には登記簿謄本が出て、手続きが必要になります。
 
滅失登記の手続きは、相続人の中の1人からの申請で行えます。よって、相続人全員の実印は必要ありません。



お問い合わせ

無料相談受付中 メールでのお問い合わせはこちら