tel

【相続豆知識】相続登記の豆知識

登記簿に記載されている住所と亡くなった方の最後の住所が異なる場合、権利証や戸籍の附票等で住所確認が必要になります。
 
法務局としては、氏名と住所が一致して初めて同一人物として扱ってくれます。
 
また、手続きの漏れがよくあるパターンとして、原野や山林、共有不動産などで固定資産税の通知が出ない土地は、その土地を持っていることを知らない相続人の方が手続きされる場合です。
 
固定資産税の通知が届かない土地がある場合は、亡くなる前にエンディングノートやメモなどに、どこの市区町村にあるということを残していただけると、相続人の方も手続き漏れを防げるのではないでしょうか。
 
そして、田や畑を相続した方は、土地の名義変更が終わってから、農地の届出を農業委員会にしないといけません。同様に、森林を相続した方は森林組合に届出しましょう。