【相続豆知識】相続するか放棄するか(相続放棄)

何も遺産を相続していないという場合、相続放棄をしたとおっしゃる方がいますが、この言葉には2種類の意味があります。

 

・相続放棄
・0円相続
です。

 

相続放棄とは、借金が多い場合や借金がどれだけあるかわからない場合などに家庭裁判所に申し立てをして、最初から相続人ではなかったことにしてもらう制度の事です。

 

権利や義務を一切引き継がないため、相続放棄をするび、借金や固定資産税を払う必要がありません。
しかし、もちろん、故人の財産には一切手をつける事ができません。

 

手続きは故人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てをします。
また、相続放棄には期限があり、被相続人が亡くなった日または、被相続人が亡くなったことを知った日から3カ月以内です。

 

もう一つ注意しないといけないことがあります。

 

相続放棄する際に気をつけていただきたいもう一つのことは、
相続放棄をご自身がすると、その他の相続人も相続放棄をしないと
いけない場合があるということです。

 

つまり、借金がある場合、妻と子が相続放棄をすると、
両親に相続が移るため、両親に借金の返済義務が発生します。
そうなると、両親も相続放棄をしなければならず、
次は兄弟姉妹に相続が移り、兄弟姉妹も相続放棄をする必要があります。

 

相続順位の順番に、借金が追いかけてくることになります。

 

このように、自分だけが相続放棄すれば終わりではなく、
次に相続人となる人のことも考えてあげる必要がでてきます。

 

もともと、仲が良かったにもかかわらず、相続放棄をしたことで
不仲になるということもあるので、注意をしてください。

 

相続放棄と一言で言っても、その判断は容易ではありません。
預金と借金だけが遺産という場合は、プラスマイナスがすぐに計算でき、
相続放棄するかどうかの判断が容易にできますが、
自宅などの不動産がある場合は、住んでいる家を手放さなければならないという
心理的な抵抗があるため、相続放棄をしにくくなります。

 

また、手続きを進める中で、関係がよくない相続人が「相続放棄をしたから」というだけで証明書を出してくれなかったり、相続放棄したかどうかも教えてくれない場合もあります。

 

こんな時は、他の相続人(ご自身が相続人の場合はご自身でもできます。)から家庭裁判所に「相続放棄したかどうかの確認書類」を請求すると出してくれますので、ご活用ください。

 

なお、相続放棄をしても、死亡保険金や企業年金など受け取ることができる財産もありますので、わからない場合は専門家に相談していただければと思います。