前妻(夫)との間にお子さまがいる方へ

今回は、遺言書があればよかった、という事例をご紹介します。
 
タイトルどおりですが、前妻(夫)との間にお子さまがいらっしゃる方は今回の事例を参考にして、遺言を遺すことについて考えてみてください。
 
 
A様のご主人(S様)は、59歳の若さでお亡くなりになりました。目立った持病等はなく、突然の死でした。
 
A様はS様の突然の死に、茫然自失のご様子で無料相談にお越しになりました。
 
S様の主な相続財産は、S様のお父様から2年前に相続したご自宅です。A様と中学生のお子さま(B様)、S様のお母様の3名で同居していました。
 
S様のお父様の相続の時に、二次相続を考えてS様のお母様ではなくS様に移転登記をしたばかりでした。
 
S様は再婚で、20年以上前に分かれた前妻との間に、お子様が2人(C様、D様)いらっしゃいます。
 
相続人は妻A様、子B様、前妻との子C様およびD様の4名です。
相続で不動産の名義を書き換えるには、相続人全員で遺産分割協議が必要となります。
 
自宅をA様名義にするには、C様とD様の協力が必要です。
 
しかし、C様、D様の連絡先が分からない状況でした。もちろんS様がお亡くなりになったことも伝わっていません。
 
そこで、当センターで調査した結果、C様、D様のご住所がわかりました。
 
 
まずはA様からお手紙でS様がお亡くなりになったこと、相続手続きにご協力をお願いしたいこと等をお伝えしていただきました。
 
しばらくして、C様、D様ではなく、その叔父にあたるという方から返事がきました。
 
その内容は、相続手続きの前に、10年前の養育費が一部未納なので、先にそれを支払ってほしいというものでした。
 
その手紙からは、相続手続きに対して容易には協力していただけないことが読み取れました。
 
 
相続手続への協力をお願いする立場上、債務の存否を争う消滅時効を援用するなどの主張もできず、A様は対応に苦慮することとなってしまいました。
 
A様やB様へ相続させる旨の遺言があれば、このような場合でも、C様、D様に協力をお願いすることなく名義変更手続きを進めることができます。
 
C様、D様は遺留分の主張をすることが可能ですので、自宅不動産以外の財産から遺留分相当額を渡すことができるなどの配慮があればなお安心です。
 
 
前妻(夫)との間にお子さまがいらっしゃる場合など、遺産分割の難航が予想される方に、ご参考にしていただければと思います。