tel

お父様が残した遺言書

遺言書があったことで争族にならなかった例をご紹介します。
 
 
お父様が亡くなり、Aさんが相談に来られました。
 
相続財産は、Aさんが受取人となっている生命保険金1000万円、預貯金2000万円、不動産1500万円でした。
 
お母様はお父様が亡くなる5年前に亡くなっており、相続人はAさんとAさんの弟でした。
 
Aさんはい今まで両親と暮らしていて、ずっと両親のお世話をされてきました。
 
一方、弟は葬儀に出ただけで、長期休暇等があっても家に立ち寄らず顔を見せることなくほぼ音信不通の状態でした。
 
葬儀も終わり、ひと段落ついたと思ったいた矢先、弟から相続についての電話がありました。
 
 
Aさんは「今まで自分が両親と一緒に暮らし、ずっと手助けをしてきたのだから、弟には相続させたくない」という気持ちがあり、遺産分割について弟と意見が相違し揉めてしまいました。
 
Aさんは、心身ともに疲れ果てた状態になり「このままだと調停になってしまう」と悩んでいらっしゃいました。
 
 
ある日、お父様の部屋から一通の封筒が出てきました。
それは、お父様が書き残した遺言書でした。
 
Aさんは急いで家庭裁判所に持っていき、検認の手続きをとりました。
 
その遺言書には「私の財産はすべてAさんに相続させる」と書かれていました。
 
弟から遺留分の減殺請求はありましたが、調停をすることなく無事に手続きが終わり、Aさんは大変喜んでいらっしゃいました。
 
相続には無関心だと思っていたお父様が、まさか遺言書を書いているなんて思ってもみなかったAさん。
お父様にとても感謝されていました。
 
この事例もまた、自分の意思を書き残すことが家族の安心や家族が揉めさせないことを教えてくれました。