不可能と思われた手続きが、遺言書のおかげで無事完了!

Kさんは、ご主人を亡くされて相談に来られました。
 
Kさんにはお子さまがおらず、夫婦2人仲良く生活されてきたそうです。
 
ヒアリングの結果、相続財産は自宅の土地と建物でした。
 
 
Kさんから事前調査のご依頼を受けて、戸籍を確認したところ、ご主人の両親は既に亡くなっていて、相続人はKさんと兄弟姉妹です。
 
ご主人の兄弟姉妹は8人で、そのうち6人がご健在で、亡くなった2人の子、つまり相続人に該当する甥姪が5人いることがわかりました。
 
つまり、相続人はKさん、兄弟姉妹6人、甥姪5人の12人です。
 
Kさんの名義に変えるには、相続人全員と遺産分割協議を行い、署名実印が必要です。
 
 
ところが、Kさんはご主人の兄弟姉妹とは、生前から一切連絡をとっていなかったそうで「どうしてよいかわからない、、、」と途方にくれていました。
 
 
自宅については、固定資産税を払っていれば住むには問題ないので、その説明をしましたが、Kさんは、将来自宅を売却して介護施設へ入りたいという気持ちがあったので、不動産の名義変更は不可欠です。
 
 
当センターからは、相続人へ連絡し、事情を説明することを提案しましたが、Kさん自身連絡を取りたくないとのことで
 
手続きの継続は難しいかと思っていた矢先、Kさんから「夫の荷物から遺言書のようなものがでてきた」と連絡がありました。
 
その遺言書には、「妻に全財産を相続させる」という内容の自筆証書遺言でしたが、封筒等には入っていませんでした。
 
ですが、家庭裁判所の検認を受けることができ、無事に土地・建物をKさん名義に変更することができました。
 
ご主人が残された遺言書のおかげで、Kさんは今も元気に自宅で生活なさっています。
 
 
こういう相続人が配偶者と兄弟姉妹は少なくありません。
 
財産の多い少ないに関係なく、子どものいない夫婦には遺言書は必要だと感じる案件でした。