tel

大分合同新聞 2015年12月

大分合同新聞にて、相続手続支援センターが紹介されました。

 

近年の終活事情は?
〜大分市で葬儀や相続支援者ら意見発表〜

 

終活に取り組むシニアが増える中、多様化するニーズに応える企業や市民団体も
増加しており、「相続手続支援センターなにわ(大阪市)」の長井俊行所長は
生前にできる相続について弁護士や司法書士らとチームを組んでサポートしている。
「争いが起きる相続の75%は遺産が5千万円以下。
不動産があるともめるケースが多い」という。
(中略)
「日頃からコミュニケーションを取っておくことと、遺言も必要」と呼び掛けた。
(掲載紙から一部抜粋)

 

20151222