山陽新聞 2014年12月1日

2014年12月1日の山陽新聞にて、相続手続支援センターなにわ支部が紹介されました。

 

遺産分割の遺言を
各地でセミナー 家族の負担軽く

 

(掲載紙から一部抜粋)
相続手続支援センターなにわ(大阪市)の長井俊之所長は「逆に不動産意外の資産が多く、信託銀行などの勧めで遺言を書く富裕層は、争いが少ない」と分析する。

長井所長は「相続人にかかる負担を考え、お子さんのいない人は特に遺言を」と話している。

 

media141201