tel

【相続事例】相続手続きを終えて5年後に銀行から連絡が

Aさんの父は5年前に亡くなっており、長男A、長女B、母Cの3人でその時に相続手続きを無事に終え、今まで何事もなく過ごしていました。

しかし数日前、地方の銀行から一通の手紙が届きました。

内容を確認すると、「Aさんの父の弟(Aさんから見て叔父)が多額の借金をしていて、叔父の相続人にAさんとBさんが該当するので、支払ってください。」というものでした。

実は、父と叔父は数十年間音信不通で、叔父が結婚して家庭を持っていることは知っておりましたが、連絡先どころかどこに住んでいるのかも不明な程疎遠でした。

当然、叔父の相続について相続放棄を検討しました。しかし、もし父が叔父の借金の保証人になっていたらと考えると恐ろしくて夜も眠れませんでした。

父の保証人という地位はAさん、Bさん、Cさんに相続してしまうからです。

Aさんは叔父の家族となんとか連絡を取ることができ、経緯を聞く事ができました。

・叔父には借金があった
・父は叔父の借金の保証人になっていなかった
・叔父の家族は相続放棄を済ませたが、AさんやBさんにまで相続権が移ることを知らなかった

というものでした。

父が保証人になっていなかったことを知り、安心して相続放棄を済ませ、無事終了しました。

もし父が保証人になっているのに、相続手続きが完了してしまっていた場合(父の財産を使っていた、または不動産の名義を変えていた場合)、保証人の地位は逃れることができなかった可能性も大いにあります。

相続財産を調べる際には、だれかの保証人になっていないかも慎重に調べておく必要があります。

お問い合わせ