tel

【相続事例】役に立たなかった遺言書

遺言書

Bさんが病気で亡くなったと、養子であるCさんが相談に来られました。
 
相続人は夫Aさんと、養女Cさんの二人です。
CさんはAさんの養子ではありませんでした。
 
Bさんの生前Cさんは、「Aさんとは関わりたくないから、遺言書を書いておいてほしい。」と伝えていたそうです。
Bさんもそれに応じ、自筆で遺言書を書いたそうですが、Bさんがお亡くなりになった後に見てみると、
 
『Cさんに〇〇の土地をあげる。』
 
と書いてあるだけで、日付も捺印もありませんでした。
 
当然遺言書としては無効なもので、結局Aさんに連絡し遺産分割の話し合いをしなければならなくなりました。
 
その後特にトラブルはなく、手続きを終えることはできましたが、心身ともにお疲れになったそうでした。
 
きちんとした遺言書を書いていれば、相続人の手間、精神的なストレスも大きく軽減できたと思います。
遺言書を書く際は、一度専門家に相談し、できれば公正証書遺言を作成しておくことが望ましいと改めて考えさせられる事例でした。

お問い合わせ