tel

【相続豆知識】兄弟で共有になっている土地の処理

相続の際に、不動産は名義を共有にしないことをお勧めします。
 
不動産の名義が親と子供の共有であれば、まだ、いいですが、兄弟姉妹で共有になっていることもよく見受けられます。兄弟姉妹で共有にしてしまうと後々、手続きが煩雑になる可能性があります。
 
仲の良い兄弟姉妹が共有者の間は良いですが、そのうちの誰かが亡くなり、甥姪が所有者になると意思の統一が難しくなるのが一般的だと思います。
 
そして、意思の統一ができなくなると、不動産を売ることも貸すことも、自由にできなくなってきます。
 
一等地や大きな土地が空き地のままになっているのを街中でたまに見かけますが、兄弟姉妹での共有名義になっていることも原因の1つに挙げられると思います。
 
もし、兄弟姉妹で共有になっている場合、複数の不動産があれば共有持ち分の交換を行い、不動産が1つしかなければ分筆(土地を分けること)などの手続きをしておくといいでしょう。