tel

【相続コラム】相続税を大幅圧縮できる?小規模宅地等の特例とは?

相続税を大幅圧縮できる「小規模宅地等の特例」とは?
https://gentosha-go.com/articles/-/24363

相続税を支払うため、結局相続した土地を手放すことになったという事態が発生しないよう、住居用などの土地に対しては「小規模宅地等の特例」が存在します。適用されれば、土地の評価額を最大で8割も減額できる、節税効果の高い制度です。どのようなケースが該当するのでしょうか。
(幻冬舎ONLINEより一部抜粋)

土地の評価を下げる特例はいろいろあります。
「小規模宅地等の特例」というものもその一つです。

最近は核家族が多くなってきており、自宅の評価減が残念ながら適用されない場合も増えてきています。
そんな状況で、納税資金を確保していなければ・・・どうなるのか??

自宅を売却して、納税資金に充てるしかない・・・。

今、実際にそのようなケースのご家族をサポートしております。
故人が生前にきちんと対策をしておけば、守れた自宅ですが、かなり困難な状態です。

皆様。
「納税資金の確保」は、かなり重要ですよ!(長井)

お問い合わせ