tel

【相続ニュース Pickup】税務署に情報が筒抜けに?「相続時精算課税」

税務署に情報が筒抜けに…「相続時精算課税」贈与の注意点
https://gentosha-go.com/articles/-/24503

「暦年課税」贈与のような、非課税の枠が年間110万円というチマチマした金額(?)の話ではなく、なんと2,500万円(!)まで贈与税がかからないという、画期的な贈与の制度です。

もちろん、良いことばかりではありませんので、「暦年課税」贈与との違いに着目していきながら、その特徴を見ていきましょう。
(幻冬舎ONLINEより一部抜粋)

相続時精算課税制度をきちっと理解してされていればいいのですが・・・。

なかなか、きちっと理解されてない方が多いように思います。

たとえば・・・

1)相続時精算課税制度を選択すると、毎年110万円まで贈与できる(暦年贈与)が使えなくなる
2)相続税の申告のときに、相続時精算課税制度を選択した贈与税の申告をしたことを忘れる
3)土地の評価を下げる特例が使えなくなる場合もある
こんなリスクがあったりします。
(長井)

お問い合わせ