【相続豆知識】相続するか放棄するか(0円相続)

0円相続についてです。

 

相続放棄と同じと思っている方が多いのですが、
注意をしていただきたい部分です。

 

0円相続は、「財産放棄」とも呼ばれます。
家庭裁判所には相続放棄の手続きをすることなく、
相続する財産を受け取らなかったことを言います。

 

巷でよく言われる、「財産は放棄したから」というのは、
たいてい、0円だけ相続したということです。

 

つまり、0円相続をした方は、財産は何も相続していないにも関わらず、
後々、借金の存在がわかったときには払わなければならない可能性があります。

 

相続放棄は、プラスの財産もマイナスの財産も放棄しますが、
0円相続は、プラスの財産は受け取っていないのに、(0円を相続したという考えになります。)
マイナスの財産が出てきた場合は支払う義務を放棄できません。

 

0円相続って、いいことなしですね。
0円相続をしようとされている方は、
きちんと相続放棄の手続きをすることをおすすめします。

 

ただ、その時々で(相続人の関係などによって)
0円相続をした方がいい場合などもありますので、
どちらの方がいいかを見極めて判断してください。